【年末年始はカニ鍋パーティー】締めは美味しいスープでカニ玉子雑炊

福島県に住んでいる30代の独身男性です。我が家では毎年、年末年始になると、冷凍のカニを一匹丸ごと食べるカニ鍋パーティーを開催します。現在、親とは離れて暮らしているのですが、年末年始には実家に帰って家族との食事を楽しんでいます。

今年も知り合いの方に頂いたカニでカニ鍋をしようということになり、私はワインやおつまみ、寿司などを買い込んで実家に向かいました。実家に帰ると、大きなカニがキッチン台の上に鎮座していました。

カニ鍋だけじゃなくボイルも美味しいタラバガニ、白ワインとも相性バッチリ!

今年はタラバガニを使った鍋を作るようです。我が家はすべてをカニ鍋で頂くのではなく、胴と片方の脚の部分は鍋に入れて楽しみ、もう片方の脚の部分をボイルするという食べ方をしています。

キッチンからテーブルの上に鍋が運ばれてきた瞬間、雰囲気は戦場へと様変わりします。父も私もカニが大好きなので、私が買ってきた寿司にはわき目もふらず、タラバカニの身をほじる道具を器用に使いながらどんどんカニを平らげていきます。

私も負けじとアツアツのタラバカニの殻を切って身をほじり、何本もの脚を余すところなく食べ進めていきます。私たちはいつもカニに合う白ワインをキンキンに冷やして手元に置き、チビチビ飲み進めながらカニを食べています。

鍋の湯気とワインのアルコールで、福島の寒い冬でも窓が曇るほどの熱気に包まれます。私たち家族は和気あいあいと、おいしい食事と楽しい時間を共にします。

旨みがジュワ~♪身は少ないけれど味わい深いボイルのカニ爪

ボイルでお勧めなのがカニ爪です。身を噛みしめるたび、カニの味わい深いエキスがジュワっと口の中いっぱいに広がります。身が少ないのが難点ですが、食べるたびに実家に帰ってきたんだなと実感できます。

家族みんなでカニを楽しんでいると、あっという間にカニはなくなってしまうのですが、カニの楽しみはここからです。鍋はカニのエキスがしっかりと染み出し、味わい深いスープが楽しめます。残ったカニの身やエキスが染み出た最高においしいスープの中に、ご飯を入れて贅沢なカニ玉子雑炊作りがスタートするのです。

鍋の3分の1くらいのご飯を投入し、スープを再度温めなおします。同時に卵を3~4個溶いておき、鍋が少しグツグツした段階で溶き卵を投入し、すぐに火を止めるとおいしいカニ玉子雑炊の出来上がりです。

待っていました!といわんばかりに、私と父が競い合うように雑炊を平らげ、我が家のカニ鍋パーティーは幕を閉じます。我が家では年末年始恒例のカニ鍋パーティーとして、ずっと受け継がれています。

【お歳暮のカニ】同梱パンフレットの調理法で、誰でも美味しく作れちゃう

愛知県名古屋市在住の36歳女性です。去年の年末、母からカニとすき焼きのセットをもらいました。母は知り合いからお歳暮で頂いたそうですが、「一人暮らしで食べきれないから良かったら食べて」と私たちに送ってきました。

カット済みのカニはラクチン!解凍するだけですぐ食べられる

おそらく、カタログギフトのカニだったのではないかと思います。「一緒に食べようよ」と母も誘ったのですが、「旦那さんと二人で食べなさい」と言われたので、夫と二人で頂きました。

業者からカニ到着の希望日を聞かれました。仕事で留守にすることが多いので助かりました。届いたカニはズワイガニで、脚と甲羅、爪でした。思っていたよりもかなり大きくて量もあり、驚きました。スーパーで見かける蟹とは全然違いました。

カニ一匹丸ごと届いても、「茹でる鍋がないのでどうしよう」と心配していましたが、食べやすいように殻も剥いてあったのでラクチンでした。解凍するだけでこんなに簡単にカニを食べられるなら、自分で買って食べてみてもいいなと思いました。

【焼きガニの上手な作り方】トースターでチンするだけ美味しく焼ける

届いたカニは3等分して、一つは茹で、一つは焼き、一つは刺身で頂きました。甘くて臭みがなく、とってもおいしかったです。すき焼きもあったため、二人で食べきれる量ではなかったので、3日間にわたってカニを食べきりました。

初日は真剣に黙々と食べました。翌日は甲羅に日本酒を注いで呑んでみました。初めての体験でしたが、とても美味しかったです。簡単な調理法が同封のパンフレットに書いてあったので、焼きガニはトースターで焼きました。「これならだれでも上手に焼ける」と勉強になりました。

甘くてプリプリ♪自宅でカニの刺身が食べられるなんて幸せ

カニを調理した事がなかったので、調理法が載ったパンフレットは本当に助かりました。家でカニを食べるといっても、調理法がわからなかったのですが、パンフレットのおかげでとても美味しく調理できました。他にも色々な調理法が載っていましたが、試す間もなく一気にカニを食べてしまいました。バター焼きやカニ飯もおいしそうでした。

最後に残ったスープで雑炊を作って食べました。雑炊は、すき焼きの残ったスープでするか少し迷いましたが、蟹の方が我が家では希少なのでカニ雑炊となりました。すでにカニの身はありませんでしたが、とても美味しかったです。

カニの刺身はとても甘く、身がしまっていてプリプリでした。家でカニの刺身が食べられるとは思っていなかったので、とてもぜいたくで幸せな気分でした。日本酒がすすみ、にぎやかで楽しい年越しとなりました。

お正月はカニをめいっぱい食べたい!絶品カニを求め通販サイトを吟味して購入

香川県に住んでいる、40歳女性です。私が美味しかったと思ったカニは、自宅で家族全員で毎年食べているカニです。年末となると、豪華に食事をしたいですよね。普段は食べれないものを食べたいと感じます。

タラバガニは毎年購入、立派な脚は食べ応えがあって大満足

私にとって普段は食べることができないものといえば、カニです。食べることはできても、「これでもか!」と思うほどは、食べることができないです。そのため、年末年始ぐらいは、思いっきりカニを食べたいので、必ずカニを購入することにしています。

我が家はおせちを食べる時、一緒にカニ鍋を食べる習慣があります。美味しそうなカニだと思う通販で、私が毎年カニを購入しています。以前は、同じ業者でカニを注文していました。ところが、最近は少し別の業者でも購入して、いろんなカニを楽しみたいと思うようになりました。

迫力があるので、タラバカニは毎年必ず購入することにしています。立派な脚を食べると、「カニを食べた!」と大満足することが出来るのです。カニを食べているとき、私は本当に幸せを感じることができるので、少し多めにカニを購入することにしています。

野菜たっぷりでヘルシーなカニ鍋は、日本酒との相性もバッチリ

カニを食べているときは、私だけでなく家族もとても機嫌がいいです。理由は雑炊も楽しみだからです。やっぱり雑炊の美味しさはたまりません。カニのエキスがたっぷりと出ているので、すごく贅沢です。ワイワイとカニのことを話しながら、毎年食べることができる幸せを噛みしめています。

カニ鍋をするときには、家族全員がお酒を飲んでいます。カニにはやっぱり日本酒が合いますね。息子たちはビールを飲むことが多いですが、私と主人はやっぱりカニには日本酒と決めています。カニ鍋はおせちの味に飽きた時、とても助かります。おせちは味が濃いですが、カニ鍋と一緒に食べると味をマイルドにしてくれます。

カニ鍋は、野菜もたっぷりと食べることが出来るので、ヘルシーな鍋ですね。白菜、もやし、人参、豆腐、しらたき等、体に良いとされるものを食べることができるので大満足です。カニ鍋は美味しくて、ヘルシーなのでとってもいいです。

お正月の目玉料理はタラバガニと毛ガニ!料亭気分が味わえる絶品カニに大興奮

千葉県在住、41歳主婦です。我が家のお正月は、毎年私の実家で過ごします。私は三姉妹なのですが、姉達もそれぞれの家族と一緒に、親戚一同集まるのが恒例です。たまにしか会えない母や姉達と一緒に台所に立ち、ワイワイ料理するのも楽しみの1つです。集まると娘時代に戻ったかのように、おしゃべりで盛り上がります。

お正月の一番人気は大きなタラバガニ、カニ爪欲しさに争奪戦が勃発

お正月は私たち以外にも、叔母や従兄家族など親戚が大勢集まります。おせち料理はもちろんお刺身、鍋、サラダに肉料理、たくさんのご馳走が並びます。一番盛り上がるのは、大きなタラバガニです。上の姉は北海道へお嫁に行ったので、お舅さんが毎年正月用にと、料亭に卸す業者さんに一級品のカニを頼んでくれるので最高です。

カニは、大人の男性の顔よりも大きくて、集まった親戚10人以上でしっかり食べられる量です。子ども達はカニの入った発泡スチロールを開けてみては、「おお~!すご~い!」と大興奮です。

茹でていただくのが大好きなので、毎回大きなお鍋でカニを姿煮にし、扱いに慣れた義兄がハサミで器用にカットしてくれます。すると、毎年恒例であるカニ爪の争奪戦が始まります。太くて食べ甲斐があるし、2つしかない部位なのでカニ爪は大人気です。こればっかりは子どもにも容赦しない大人もいたりで、更に盛り上がります。

毛ガニは上品な甘さで絶品、カニ味噌や甲羅酒も楽しめる

カニ爪のほか、満足感のある太い脚の部分もみんな好きなようでした。私は、脚の部分より腹の部分が好きです。少し食べにくいですが、上品な味でお酒にぴったりです。腹の部分はだいたい最後まで残っているので、誰とも争わずにお酒を飲みながらゆっくりカニを食べられます。

時々ですが、タラバガニと一緒に毛ガニもいただける時があります。毛ガニは何といってもカニ味噌がたまりません。タラバガニにはカニ味噌がないので、本当にたまにしか味わえない毛ガニがあると、いつも以上にテンションが上がってしまいます。甲羅に日本酒を注いで味噌をちょっと溶かした甲羅酒も楽しみます。

毛ガニはタラバガニと違い、身も繊細で上品な甘みを楽しめます。タラバガニも毛ガニも、茹でただけで料亭のご馳走のような贅沢気分が味わえるので、お正月のご馳走にカニは絶対お勧めです。うちの家族は飲兵衛なので集まるとうるさいですが、カニの時だけは静かで、幸せそうにカニをほおばって新年を迎えます。次のお正月も楽しみです。

北海道の年末には蟹が欠かせない!タラバ・ズワイ・毛ガニの三大蟹を買って帰省

北海道在住の37歳女性です。私は結婚してからも年末は実家で過ごしています。毎年、北海道の中央卸売市場の知り合いに頼んで購入する蟹を、親も楽しみにしています。私の帰省より、親は蟹を楽しみに待っているようにも思えます。(笑)

年末用のタラバガニは豪華、1本だけで満腹になるボリューム

年末に購入するのは、タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニの三大蟹セットです。タラバガニは冷凍フルシェイプ(一肩)、ズワイガニは冷凍の姿、毛ガニはチルドの姿です。タラバガニは1本で満腹になるので、1本そのまま食べたら翌日は焼いて食べるのがお決まりです。

甲殻類を焼く香ばしい匂いはたまりません。焼蟹はしっかりしていて食べ応えがあります。子どもでもスルッっと剥けるので、楽しくていいと思います。普段なら折れた脚のタラバガニでもいいですが、お正月は縁起よく折れてない蟹を選ぶようにしています。

ズワイガニの美味しさに虜♪上品な甘みがなんともいえない

以前は、ズワイガニを重要視していなかったのですが、美味しいズワイガニを食べてからはファンになりました。甘みがあって上品で剥きやすく、姿形や色も華やかでお正月向き。食べきれない場合は雑炊に入れたりします。

今まではズワイガニには注目していなかったのに、品質がいいズワイガニで印象がガラリと変わりました。ちなみに私の感覚では、男性はタラバ好き、女性はズワイ好きが多いイメージです。

毛ガニは味噌が食べたくて購入しています。剥くのが難しいので、甲羅盛りを購入したこともありましたが、味が抜けてパサパサでした。甲羅盛りは2度と買うものかと思っています。蟹は時間をかけて自分で剥きながら食べるのが醍醐味だと気付かされました。家族で話をしながら蟹を剥くのも、まったりとして家族団らんにいいと思います。

失敗できない蟹選び、祝いの席には欠かせないから責任重大

毛ガニの味噌がたくさん入っていると、運試しのようでテンションが上がります。トロトロ溶けるような食感にふんわり香る磯の香りが大好きです。毛ガニの味噌が沢山入っているか、見分けられるコツがあるならぜひ教えてほしいです。

私は小さい頃から蟹が好きで、誕生日やお祝いは蟹が食卓に列びました。そのため、年末の蟹選びは責任が大きく本当に重要なので失敗できません。

ちなみに北海道は本州と違い、大晦日におせちを食べる習慣があるので紅白を見ながらゆっくり蟹を剥く・・・というのが年末恒例の光景です。日本酒や白ワインと合わせて年末に食べる蟹は格別の旨さです。

通販で巨大なカニの姿を購入!美味しいカニ鍋でお正月が大盛り上がり

大阪府在住で43歳の男性会社員です。忘れられないほど美味しかったカニは、実家に親戚一同が集まって食べたカニ鍋です。私の父、姉の家族4人、私の家族5人の10人が一同にそろいました。テーブルを囲んでワイワイとカニを食べたのは、楽しかったし美味しかったし最高の思い出です。

義兄がカニ通販で注文、口コミや価格を綿密に調査して姿カニ3杯購入

年始は毎年、正月の挨拶もかねて親戚が集まることになっていました。夫婦互いの実家が遠方にあるため、普段はバタバタと食事をして出かけることが多いです。ですが、初めて全員が二日間ゆっくり過ごせることになったので、「お正月は特別な食材を用意しよう」ということになりました。

カニ通販をよく利用する義理の兄が、カニをチョイスしてくれました。ネット通販の口コミ評価のランキング、そして価格を綿密に調べていました。父の資金力を最大限に発揮して、姿カニ3杯分を注文しました。手配は兄、お金は父、そして私は食べるだけです(笑)

【巨大なカニで作ったカニ鍋】夢中になるほどの美味しさに無言で食べまくる

料理の準備はさすがに私もお手伝いさせていただきました。子どもたちは勝手に遊んでいたので、親たちが手分けして巨大なカニを解凍し、野菜を用意して鍋を運んで火を入れました。カニは準備万端です。ずるい大人たちはハンバーグやウインナー、から揚げやおむすびを子どもに与えて、少しずつお腹いっぱいにさせておき、カニ鍋は大人専用にするのです。

カニ鍋には白菜やマロニー、お豆腐もいれておきますが、メインのカニを思いっきり食べます。カニを食べはじめると、大人は無口になります。カニを一気に食べて少し落ち着くと、ようやく「美味しいね」との声が出て、お酒も進むようになるのです。

カニの出汁が染み込んだお豆腐や白菜、マロニーも最高です。カニ鍋の日はカニ食べ放題です。みんな満腹になるまでカニを楽しみました。

鍋の〆はカニ雑炊♪満腹なのに美味しすぎておかわりが止まらない

カニ鍋の〆は雑炊。カニの出汁にご飯を入れて、さっと煮立てて完成。子どもたちもお腹いっぱいのはずなのに、美味しいといってドンドン食べます。もちろん大人たちもお腹いっぱなのに、美味しさにつられておかわりをしてしまい、動けないくらい満腹になりました。

お昼ごはんがカニ鍋だったので、晩御飯はあっさり白ご飯だけで十分でした。本当においしいカニをたらふく食べることができ、大盛り上がりでとても楽しいお正月となりました。