不味いカニに父が激怒!生臭いカニ鍋のせいで正月早々ケンカ勃発

兵庫県に住んでいます。旦那の実家は和歌山県にあるので、遠くて普段はなかなか帰れません。そのため、お盆とお正月は必ず実家に帰るようにしています。お正月はおせち料理を頼みます。旦那には姉が3人いるため、それぞれ料理を持ち寄ってみんなで食べるのが習慣になっています。

美味しそうなカニ鍋が完成、早く食べたくてみんなワクワク♪

姉の一人がカニ鍋をしようと言って、お正月にズワイガニを持ってきました。とても美味しそうなカニなので楽しみにしていました。カニ鍋は姉たちが作っていました。私は他の料理を作っていたため、カニ鍋をどうやって作っていたのかは見ていませんでした。

料理が出来上がって、みんなで食べることになりました。大人10人、子ども5人の大人数です。さまざまな料理がありましたが、中でもカニ鍋はみんな楽しみにしていて、早く食べたそうにワクワクしていました。

カニが生臭い…パサパサで変な味のカニ鍋に一同絶句

「いただきます」の挨拶をして食べ始めましたが、カニ鍋を食べた人たちの反応が微妙です。「うーん…」という雰囲気で美味しいと言う人はいません。カニ鍋を作った姉たちも何だか微妙な顔をしています。私は嫁の立場なのでカニ鍋は最後の方に食べようと思っていましたが、みんなの反応を見て、なんとなく失敗したのかな?と思いました。

旦那もカニ鍋を食べましたが一口だけで、何も言わず他の料理ばかり食べています。他のみんなも同じなので、私も気になりカニ鍋を少し食べてみることにしました。すると、カニはとても生臭くて、食感もパサパサで変な味がしたのです。思わずうッ!と思いましたが、何事もなかったように他の料理を食べました。

生臭さの原因は、姉がカニを冷蔵庫に入れ忘れたためと判明

旦那のお父さんが突然、「このカニはまずい!」とハッキリ言ったので一瞬シーンとなりました。「何でこんなに生臭くてパサパサしてるんだ!」とお父さんは怒り出しました。すると、カニを準備してくれた姉が「そこまで言わなくても!」と言って、お父さんとケンカになってしまいました。

他の姉や旦那がなだめましたが、カニがどうしてこんな生臭くなったのか、お父さんは気になるようでしたので、姉が説明し始めました。実はこのズワイガニは年末に購入したカニで、年末だったので他にもたくさんの食材を購入したため、うっかり冷蔵庫に入れるのを忘れてしまったようでした。

冷蔵庫に入れ忘れたことに気づいたのは翌日の朝でした。でも寒い時期だったので、カニはまだ食べられると判断したようでした。けれど、結局は生臭くなってしまい、鍋に入れてもそのまま残念な味になってしまったようです。

説明を聞いたお父さんはようやく納得したようで、「正月用にせっかく用意してくれたんだし、食べれるだけ食べよう」ということになり、我慢しながらみんなでカニ鍋を食べました。食あたりにはなりませんでしたが、生臭いカニはもうゴメンだと思いました。

通販で取り寄せたタラバのカニしゃぶセット、奮発したのに身が少なくパッサパサ

神奈川県在住の42歳の主婦です。家族3人、子どもの誕生日に合わせてでタラバガニを注文しました。 タラバガニでカニしゃぶをするため、ネット通販でお取り寄せしましたが、予想以上にカニが小さく、とてもじゃないですがカニしゃぶするほどの身がなくガッカリしました。

通販サイトで入念にチェックしたのに…届いたカニはパサパサで口コミ評価と違う

冷凍でタラバガニが届き、解凍の仕方などの説明書がついていたので、その通りに解凍してカニしゃぶの準備をしました。でも、カニの身が少なく解凍後はパサパサしていました。品質があまり良くないカニなのかなと感じました。

子どもは大好きなタラバガニを楽しみにしていました。でも、自然解凍してみると想像とかなり違ってパサパサだったため、子どもはとても残念がっていました。私も通販サイトに掲載されている写真と大きく違ったのでショックでした。家族に「これなら通販でお取り寄せせず、スーパーでカニを確認して買った方が良かったね」と言われました。

カニしゃぶの準備は私がすべて行いました。ネット通販でタラバガニを検索し、口コミで評判が良かった業者に注文しました。カニのせいで家族からかなりブーイングが出たので、私は残念な気持ちになりました。

残念だったカニしゃぶセット、身が少なすぎるため仕方なく雑炊に変更

お取り寄せしたカニはけっこう良いお値段がしましたが、奮発して購入しました。カニしゃぶ用のセットだったので、だし汁やお鍋セットとして野菜なども全て揃っていたため簡単だと思っていました。でも、主役のタラバガニは身が少なく残念だったので、付属の野菜、つみれの方が美味しく感じ、何だかカニしゃぶとは違う料理になってしまいました。

タラバガニはカニしゃぶとしては料理せず、カニ雑炊にすることにしましたが、カニの身をとるのが難しく手間がかかるので大変でした。カニ雑炊用にタラバガニの身をとりましたが、脚の部分はけっこう面倒だったので時間もかかりましたが、なんとか頑張って雑炊を作りました。

カニしゃぶをカニ雑炊に変更したことになりましたが、「パサパサのタラバガニなら、カニしゃぶより雑炊の方がいい」と子どもは言っていました。期待していた料理と違い、大きく予定変更することになりましたが、結果的には満足したので良かったです。カニをアレンジすることで料理の幅も広がり、カニを美味しく調理できたのでホッとしました。

【スーパーのズワイガニで失敗】しゃぶしゃぶ用は味抜けしやすく美味しくない

我が家は33歳の夫と26歳の私、そして2歳半の娘の3人家族です。 私がカニ料理で失敗したのは、昨年のお正月に家族で食べたカニすきでした。カニすきは実家で母と夫、私と妹の4人で食べました。

お正月はカニ鍋でお祝い!スーパーでしゃぶしゃぶ用のズワイガニを購入

私はタラバガニよりズワイガニ派なので、近所のスーパーで売っていた冷凍のカニを買いました。 カニ鍋を予定していたので、殻が剥いてある食べやすいしゃぶしゃぶ用のズワイガニと、普通の鍋用のズワイガニを購入しました。

私と母と妹と3人で買い物に行き、鍋の材料を揃えて3人で鍋の準備をしました。私はカニが大好物なのでとても楽しみにしていました。鍋の準備が出来ると、一目散にしゃぶしゃぶ用のズワイガニを鍋に投入し、火が通るのを待ってカニを食べました。

水っぽく味がないしゃぶしゃぶ用のズワイガニにブーイングの嵐…

美味しくてほっぺが落ちそうになる味を想像していました。ですが、食べたカニは全く美味しくなかったのです!カニ本来の旨味がほとんどなく、味がとても薄いのです。そして水っぽい!一体これは何を食べているんだろう?と疑問に感じるほど味がしないカニでした。

「味がしないカニは、1本だけかも?」と思い、他のしゃぶしゃぶ用のカニも食べてみたのですが、どれも失敗!全く美味しくなくてかなりブルーな気分になりました。みんなも「このカニ美味しくなーい!」とブーイングの嵐でした。

「しゃぶしゃぶ用のカニは簡単に食べられるので一番楽しみにしていたのに…」と、かなりショックを受けました。

カニ嫌いになりそうなほど美味しくないから、スーパーではもう買わない!

鍋用に購入したカニは、カニ本来の味がしっかりしていてとても美味しかったです。でも、殻を剥くのが面倒で食べるのに時間がかかり、「早く食べたいのにー!」とイライラしてしまいました。

しゃぶしゃぶ用のカニを多く買っていたので、美味しかった鍋用のカニの取り合いになり一瞬で無くなってしまいました。「カニがないカニすきなんて…」「こんなにさみしい鍋はないよ…」と、みんなで苦笑しながらもショックを受けたのを覚えています。

余ったカニで〆にカニ雑炊をする予定だったのですが、カニが余るはずもなく、ただのたまご雑炊をするハメになりました。しゃぶしゃぶ用のカニは元々殻を剥いてある分、味抜けしがちで当たり外れがあると聞いた事はあったのですが、今までは外れのカニに当たった事がなく、完全に油断していました。

こんなにも美味しくないカニが世の中に存在するだなんて!カニが嫌いになってしまうほど驚きました。あんなカニは二度と食べたくありません。これからはスーパーでカニを買うのは控えようと思います。

突然発症した甲殻類アレルギー、高級カニグラタンで悲惨な年末年始に

34歳、一児の母です。私がまだ小学生で大阪に住んでいたころ、共働きで普段は忙しい両親が年末に「せっかくだからみんなでディナーをしよう」といいました。両親と兄の4人でおしゃれをして、梅田のちょっと高級なレストランに行きました。

街中はまだイルミネーションが飾ってあり、父の実家への帰省土産やお正月の準備をするため、デパートへ買い物に行ったりして、いつもとは違う特別な気分でした。

年末にレストランで特別ディナー、注文したのは大好物のカニグラタン

レストランに着き、入り口でコートを預かってもらったり、ウェイターに椅子をひいてもらったり、特別なディナーで私はワクワクしていました。家族がコース料理を頼む中、カニが大好きだった私はカニグラタンを注文し、料理が運ばれて来るのをすごく楽しみに待っていました。

カニグラタンはとてもおいしそうでした。私は目が輝いていたと思います。グラタンの上に大きなカニの身が乗っていて、カニの身たっぷりのグラタンでした。料理はとてもおいしくお店も高級感があって、家族揃っての食事をみんな楽しみました。

美味しかったディナーを終え、車酔いをする私のためにいつもは電車で帰宅するところを、疲れていたのかスペシャルな気分だったのか、その日はタクシーで帰宅することになりました。ところが、タクシーに乗った早々私は気持ちが悪くなり、ぐったりして冷汗が出てきました。

カニグラタンを食べたせい?発熱や嘔吐で楽しい計画は全てパァ

母にもたれかかると、カニグラタンが胃から上がってくるのを感じました。タクシーを降りると同時に、おいしく食べたはずのカニグラタンを私はすべて吐いてしまい、あまりの気分の悪さにしゃがみ込んで動けなくなってしまいました。

父に抱きかかえられながら帰宅し布団で寝ていると、どんどん寒くなってきて熱を計ると39度。そのまま年末もお正月も寝込んだまま、過ごすことになってしまいました。友達と予定していた少し遅めのクリスマスパーティー、家族で行く初詣、神社で買う天津甘栗とベビーカステラ、父の実家への帰省。

すべての予定がなくなり、「カニグラタンのせいだ、二度とカニグラタンなんか食べない!」と言って、泣いたのを今でも覚えています。

カニグラタンのトラウマ?!クリーム系料理やケーキまで苦手になっちゃった

カニグラタンを食べて具合が悪くなってから、カニグラタンだけでなくクリーム系パスタやドリアなど、ホワイトソースを使った料理も嫌いになってしまいました。加えて、バターを使った料理も苦手になり、ケーキやフランス料理までも苦手に・・・。

挙句の果てには、甲殻類アレルギーまで出てしまい、今でも「あのとき、カニグラタンを食べていなければ私の人生はもっと楽しかったのかな…」と思うことがあります。カニグラタンを食べて悔やんでいる私ですが、もともとカニは大好きだったので、いつか娘にも美味しいカニを食べさせてあげたいなと思っています。

カニ専門店でコース料理を堪能するも、同じ味ばかりで食事会が苦痛に

年末に親族20名ほどで集まる機会があり、東海地方で(訪れたのは静岡の店舗)数店舗を持つカニ専門店にコース料理を食べに行きました。新規開店の店でもあり、普段カニを食べることは滅多になかったため、意気揚々と出かけました。26歳だった私は食欲も旺盛な頃なので、カニのコース料理を食べつくす気満々でした。

【カニ尽くしの絶品料理】専門店ならではの味わいで箸が止まらない

次々と運ばれてくる期待通りのカニ料理に箸が進みました。カニは様々な種類でタラバやズワイがそれぞれに合った料理となって提供されてきました。カニの小鉢やカニサラダ、カニ豆腐から始まり、茹でカニ、カニ茶碗蒸し、焼きガニ、カニ天ぷら、カニ雑炊…。カニが姿形を変え、コース全体で13品程運ばれてきました。

どの料理も、家庭とは違う専門店ならではの味わいを楽しむことができました。最初は久々に食べるカニに、もっともっとと箸が進んでいたのですが、コース料理も半分を過ぎる頃には、「カニ以外のもの、無いかなあ…」と正直辛くなってきていました。

高齢の親族からは「こんなに食べれないから、食べなさい」とカニ料理が次々と私に寄せらせれ、さらに追い込まれることに…。様々な料理に変えたとしてもカニはカニ。カニの味を無視した料理は提供されないため、どの料理を食べてもカニの味わいがいつまでも舌に残るのです。

最後の汁物でさえカニの出汁が良くきいていたため、口をさっぱりさせるどころかボディーブローのように胃に効いてきてしまいました。唯一、カニが全く使用されていない最後のシャーベットが、いつになく美味しく感じてしまうほど、シャーベットの存在は本当に救いでした。

カニのコース料理に降参..美味しく食べるなら一品料理がベストかも

カニは美味しい!でも、だからと言ってカニ尽くしのフルコースは食べるものではないというのが経験から得た教訓です。とはいえ、カニが本当に好きで普段からカニを食べている人には、もしかしたら堪能できるコース料理なのかもしれません。

同席していた弟(当時22歳)や妹(当時20歳)、母(当時50代半ば)も、私と同じような感想を述べていた事から、カニのコース料理に参ってしまう人は少なからずいるのではないでしょうか。

丁度良い程度にカニを食べるなら、コース料理の中でメインとして、または一品料理で堪能しながらカニを食べるのが良いと思います。ご馳走のカニでも美味しく食べられる食べ方というものがあるのだと、つくづく実感した貴重なカニの失敗談でした。

ホテルのカニ食べ放題にガッカリ、小さすぎるカニばかりで食べた気しない

去年の年末、旅行で石川県へ行きました。年始を石川県で迎えようという旅行でした。私は旦那、5歳の子どもと家族3人で愛知県に住んでます。愛知県から石川県までは、2時間あれば着くので日本海側でおいしいものを食べようとワクワクしていました。

宿泊先での夕食は、待ちに待った大好物のカニ食べ放題♪

私たちは魚介類が大好きなので、旦那がホテルのプランにカニの食べ放題をつけてくれました。私も旦那も食べ放題の旅行は行ったことはありませんでした。旅行当日、高速で石川県に向かいました。石川県ではのんびり観光をして、たのしい時間を過ごしました。

観光したあと、予約先のホテルにチェックインしました。ホテルは少し古かったのですが、中はとてもキレイで、宿泊した部屋も広々として3人なら全然問題のない広さでした。

夕食にカニの食べ放題があるので、夕食まではゆっくり温泉に入ったりホテル内を探検して、子どもとのんびり過ごしました。 そして、待ちに待ったカニの食べ放題へ。 旦那も私もとてもテンションが上がっていました。夕食はバイキング形式になっており、置いてあるカニを自分で持ってきて、自分の席で食べる形式でした。

【期待外れのカニ食べ放題】小さすぎて食べにくいカニだけなんて…

カニが置いてあるところに行ってみると、残念ながら期待外れでした。山積みになっているカニは、どれも小さいカニばかり‥。食べやすいようカットしてあるカニが置いてあるのですが、どれも小さいカニばかりです。食べ放題だから文句は言えないのですが、食らいつけるくらい立派な身のカニが食べたかったので残念でした。

食べ放題のカニは一応毛ガニでした。私は毛ガニはミソがおいしいと思っているのですが、ミソは少しもありませんでした。きっと、あえて出してないのだと思いました。 食べ放題だからどれだけ食べてもいいのですが、カニが小さいので剥くのが大変だし、ちまちま食べないといけないので全然食べた気がしませんでした。

想像してたカニの食べ放題と違ったので、とてもショックを受けました。カニの食べ放題が目当てだったのに、結局カニじゃない料理をたくさん食べていました。食べ放題だからと言って、立派なカニがたくさん食べれると思わず、「カニが食べれるなら、どんなカニでもいいか~」という軽い気持ちだったらよかったなと思いました。

カニの食べ放題に行こうと思ったときは、今度からは下調べをしてから参加しようと思います。

【ズワイガニの姿、高級カニ缶、カニ鍋セット】私が大失敗したカニ体験談

宮城県在住の40代女性です。 私はカニが大好きです。カニは美味しい食材というイメージが頭にすりこまれているので、外れても外れてもまたカニが食べたくなります。本当はもっとあるんですけど、私のカニ失敗談を3つお話してみます。

両親のためにカニを購入するも、しょっぱすぎて食べられない

1つ目のカニ失敗談は、美味しいカニを食べて、カニが大好きになった翌年の年末のことです。ボーナスが支給されたので両親へ感謝の気持ちを込めて、大きなズワイガニを丸ごと購入しました。カニを発砲スチロール箱に入れてもらい自宅に持ち帰りました。

家族3人で食べきれないかもと思いつつも、ボイル済みのカニをそのまま食べようと、カニ用のはさみやグッズを準備しました。いざ食べてみると、カニは食べられないほどしょっぱくて…。食べ方が違ったのか、外れのカニを購入したのかは不明ですが、こんなカニを購入して反省しました。

【お歳暮の高級カニ缶を料理】水分が多くて美味しくなく仕方なくスープに変更

2つ目のカニ失敗談は、お歳暮として知人からいただいたカニの缶詰です。中身はタラバガニでした。 知人の娘さんの勤務先で購入しなければならなかった都合で、一箱2万円の高級なお歳暮が、我が家に届くことになりました。

カニの缶詰は母と相談して、カニ玉にしようということになりました。同じ年に我が家に届いたフカヒレも使えば間違いなく美味しいはず!と期待しました。 カニの缶詰の中には白い紙が入っていて、カニの風味のつもりでカニ缶の水分もそのまま加えたのですが、水っぽくてびちゃびちゃの仕上がりになり、美味しくありませんでした。

フカヒレを加えるのはやめて、カニは餡かけスープにしていただきました。 卵との割合なのか火加減だったのか、お歳暮のカニなのに二人とも箸が進まず、開封していない缶詰がまだあります。

しょっぱすぎた鍋セットのカニ、同梱の説明書通り作ったのに..

3つ目の失敗談は、女性3人で食べた「カニ鍋セット」です。自動車メーカーからの特典でカニが届いたので、みんなで食べようということになりました。届いたのはタラバガニとズワイガニでした。 カニ、野菜、具材、スープ、全てセットになっているから、今度こそ失敗はないだろうと思いました。

女性が3人もいるので、私は調理ではなく洗い物担当を立候補しました。女性が集まったのでいつもの賑やかな雰囲気で、楽しくお鍋の準備をしました。同梱の説明書をしっかり読んで手順も確認しました。ですが、とにかくカニがしょっぱかったのです。

鍋は食べたけどカニがしょっぱすぎて、具材の味がわからなくなってしまうほどでした。雑炊用のご飯も準備済みだったのですが、雑炊にはせずご飯はそのまま食べました。 カニでは失敗ばかりだけど、去年、母が買ってきた毛ガニはとても美味しかったです。

お歳暮のカニは期待外れ、身が少なすぎるも頂き物だからクレーム電話も出来ず

兵庫県神戸市在住の48歳主婦です。47歳の夫、20歳の息子と住んでいます。10年前、家族3人で大晦日に食べたカニがびっくりでした。お歳暮に知人からカニをもらいました。聞いたことがない業者からのカニで、ズワイガニのはさみと脚の部分だけが沢山入っていて、解凍したらそのまま食べられるカニでした。賞味期限は結構長かったです。

お歳暮のカニを解凍、食べる前日に冷蔵庫へ移動させるだけだから簡単

カニ好きの息子にいつ食べるかと聞いたら、「大晦日の楽しみにしたい」というので、カニは冷凍庫に入れました。私は30日からおせちの準備に入るので、カニを食べる前日の30日に冷蔵庫に移しました。冷蔵庫に移動すればいいだけなので、カニの解凍は簡単でした。

カニのはさみはどれも大きくきれいでした。3人で食べるには量が多かったので、半分だけ冷蔵庫に入れ、残りのカニは後日また食べようということになりました。大晦日はおせちの準備と大掃除でを私は忙しいのでお寿司を注文して、簡単に作った年越しそばで夕食を済ませ、22時過ぎにケーキを食べるのが我が家の大晦日です。

その年はお歳暮のカニがあるので、お寿司を注文するか悩みましたが、息子がお寿司も食べたいというので注文しておきました。カニのおかげで例年よりも豪華な大晦日の料理に、息子は大興奮で何から食べようとワクワクでした。

殻の中身は空洞だらけ…、カニはわずかしか身がなく家族もビックリ

カニ用ばさみもスタンバイして3人一斉に、カニの殻を切りました。すると殻の中は空洞だらけで、わずかに身がついているだけでした。私のカニだけかと思ったら皆が「え?」という顔でした。3人とも同じ状態のカニだったのです。他のカニにも果敢にチャレンジしましたが、どのカニの身も同じでカニ爪も身がなく残念でした。

息子がカニ好きだと聞いてお歳暮にカニを贈ってくれたのに、届いたカニはとても残念でした。「お寿司を注文しておいて良かったね。来年いいことがある!という厄払いかもしれない」と思うことにしました。

カニ業者にクレームを入れようかとも思いましたが、自分が買ったカニではないのでやめました。カニを食べた後は大量の殻が残りました。年末年始なのでゴミの日まで運悪く1週間以上も空いていました。年末年始は冷蔵庫もゴミ箱もいっぱいです。殻の袋はしっかり封をして台所のゴミ箱に入れたけれど、周辺はやはりカニ臭くなってしまいました。

安心できるカニの買い方、デパート発送ならば高くても失敗しない

冷凍庫で保存した残りのカニも身が少なかったです。ですが、ごみの日の前日にカニの出汁だけとって、カニ缶を投入しカニ雑炊を作りました。身が少ないカニでもカニなので、いい出汁が出ておいしいカニ雑炊が出来ました。「大晦日もカニ雑炊にすれば良かったのに」と言いながら、息子はカニ雑炊をパクついていました。

お歳暮のカニで失敗してから、我が家の大晦日はカニを食べなくなってしまいました。今後、カニを買うなら、高くてもデパート発送のカニにするか、店頭でカニを直接見てから買おうと思っています。

冷凍カニの解凍方法を大失敗!水分が抜けてしまい食感はまるでゴムのよう

42歳、福島県に住んでいます。年末に義理の両親と、義兄の家族ら11人でカニを食べました。お義母さんが百貨店の地下食料品売り場で、ズワイガニとタラバガニを買ってきてくれたのですが、年末ということもあってちょっと高価でした。

私はカニを美味しいと思って食べた事がありませんでした。本場北海道を旅行した際も「みんなが言うほど美味しいかなあ?」と思っていたのです。お義母さんは大のカニ好きで、何かあるとカニグラタン(冷凍食品ですが)や、カニ料理店に連れて行かれました。カニを食べる機会が増えると、私もカニの美味しさが分かるようになりました。

解凍で大量の水分が出た原因、義母がカニをストーブ前にまさかの放置

お義母さんが年末に用意してくれたカニは、ボイル後に冷凍したカニでした。山盛りのカニなので豪華ではありますけど、テーブルにはカニだけがドーンと出ていました。

さっそくカニを食べてみると「うわ、べっちゃべちゃ…」。お義母さんは冷凍のカニを、ストーブの前に置いて解凍したらしいんです。解凍方法を失敗したカニからは大量の水分が出ちゃって、味の抜けたカニになってしまってました。

正直なところ、カニっていうかカニ風味かまぼこ?そんな感じです。あれだけ水分が出ちゃうと、食感もグニュグニュしてゴムみたいな、硬いかまぼこっていうか。カニに似た味の別の食べ物のようで、とにかく本物のカニじゃない食感になってました。

カニを美味しく食べるには、解凍は正しい方法ですべきと痛感

もったいないので近くのスーパーで鍋の具材を買ってきて、急遽カニ鍋に変更しました。ですが、カニのエキスが水分として大量に出てしまったカニを使用したので、やっぱりどこか味が抜けたカニ鍋になってしまいました。仕方がないので、鍋はポン酢で食べました。

私の実家でもズワイガニを食べましたが、冷蔵庫で普通に解凍したら、美味しく頂けました。カニを買うときは、ボイルした冷凍のタラバガニが多いかと思いますが、美味しく食べるには、解凍方法が一番重要だなあと痛感しました。

正しく解凍しても家庭ではやっぱり、カニ料理店のような味にはならないんです。色々なだしをとったりして工夫してみたのですが、イマイチあの独特なスープにはならないです。私はカニ料理店で食べるカニ鍋の〆のカニ雑炊が大好きです。お取り寄せのスープ付きなら美味しく頂けるのですが、スープなしだと一味足りない感じがします。

もし冷凍カニを買う計画があるのなら、せっかくの美味しいカニが台無しにならないよう、解凍方法には十分ご注意くださいね。

【アメヤ横丁のカニで失敗】スカスカで絶望的な身の少なさに父ガックリ

私は30歳の主婦です。埼玉県に主人と子ども二人と家族四人で住んでいます。 主人の実家は熊本県でとても離れているので、年に一回程しか帰省する機会はありません。私の両親は茨城県に住んでいるので、年末に家族で帰省しました。父から「一緒にカニを食べないか?」と誘いを受けたので、我が家はとても楽しみにしていました。

年末用のカニをアメヤ横丁で買ったら、1杯分のカニ脚がおまけでついてきた

父はたまに会う子ども達を喜ばせようと、年末に皆で食べるためのカニを上野のアメヤ横丁で購入してきました。 たらばがにの脚でしたが、二杯分はあったと思います。冷凍されていたので前日から解凍し、どう調理して食べるのか誰が殻を剥くのか、この人数で食べきれるのかなど心配を談笑しながら、家族みんなでカニを楽しみにしていました。

カニは母が茹でてくれ、本来の味を味わおうと思っていました。でも、殻を割ってみるとなんと中身はスカスカで、「身はどこへいってしまったの?」というようなカニでした。アメヤ横丁の店の人に、「身がギッシリ詰まってて、とっても甘くておいしいカニだよ」と言われた上、おまけでもう一杯分のカニ脚をいれてもらって父は上機嫌でした。

それなのに、こんなスカスカなカニをみんなに出すことになってしまい、父はとても辛そうな表情をしていました。私たちは何とも言えない気持ちになり、誰も声をかけることができませんでした。

殻をむくのがとても大変だったため、カニの身がスカスカなことが分かってからは、残りの殻をむく時は皆無言でした。 カニを食べるときに夢中になって無言になる話はよく聞きますが、我が家ではスカスカで絶望からの無言でした。年末に悲しい空気が流れ、父の気持ちを考えると、とても辛かったです。

スカスカのカニはもう買わない!見る目を磨き次こそ美味しいカニを選びたい

子どもたちはいつもなら、「カニの中身がない!」とふざけて笑ったりするのに、空気を察したのかふざけたりせず、父に「じいじ、カニを買ってくれてどうもありがとう!」とニッコリ笑いかけました。 父は感極まった表情を浮かべ、取り繕ったような笑顔でただ一言「カニ、また買ってくるね」と言いました。

スカスカのカニでとても残念でしたが、「相手を思いやる気持ちが子どもに芽生えたのではないか?」と、母としては嬉しかったです。だれもが知ってる有名なアメヤ横丁で、信用して購入を決めたカニなのに、こんな悲しい結果になってしまい、とても辛い思いをしました。

しかし、またカニを購入する機会があれば、今回の失敗を高い授業料だと思い、自分達の目を養い、次こそ身がギッシリ詰まった甘くておいしいカニを選ぼうと思います。