北海道の年末には蟹が欠かせない!タラバ・ズワイ・毛ガニの三大蟹を買って帰省

北海道在住の37歳女性です。私は結婚してからも年末は実家で過ごしています。毎年、北海道の中央卸売市場の知り合いに頼んで購入する蟹を、親も楽しみにしています。私の帰省より、親は蟹を楽しみに待っているようにも思えます。(笑)

年末用のタラバガニは豪華、1本だけで満腹になるボリューム

年末に購入するのは、タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニの三大蟹セットです。タラバガニは冷凍フルシェイプ(一肩)、ズワイガニは冷凍の姿、毛ガニはチルドの姿です。タラバガニは1本で満腹になるので、1本そのまま食べたら翌日は焼いて食べるのがお決まりです。

甲殻類を焼く香ばしい匂いはたまりません。焼蟹はしっかりしていて食べ応えがあります。子どもでもスルッっと剥けるので、楽しくていいと思います。普段なら折れた脚のタラバガニでもいいですが、お正月は縁起よく折れてない蟹を選ぶようにしています。

ズワイガニの美味しさに虜♪上品な甘みがなんともいえない

以前は、ズワイガニを重要視していなかったのですが、美味しいズワイガニを食べてからはファンになりました。甘みがあって上品で剥きやすく、姿形や色も華やかでお正月向き。食べきれない場合は雑炊に入れたりします。

今まではズワイガニには注目していなかったのに、品質がいいズワイガニで印象がガラリと変わりました。ちなみに私の感覚では、男性はタラバ好き、女性はズワイ好きが多いイメージです。

毛ガニは味噌が食べたくて購入しています。剥くのが難しいので、甲羅盛りを購入したこともありましたが、味が抜けてパサパサでした。甲羅盛りは2度と買うものかと思っています。蟹は時間をかけて自分で剥きながら食べるのが醍醐味だと気付かされました。家族で話をしながら蟹を剥くのも、まったりとして家族団らんにいいと思います。

失敗できない蟹選び、祝いの席には欠かせないから責任重大

毛ガニの味噌がたくさん入っていると、運試しのようでテンションが上がります。トロトロ溶けるような食感にふんわり香る磯の香りが大好きです。毛ガニの味噌が沢山入っているか、見分けられるコツがあるならぜひ教えてほしいです。

私は小さい頃から蟹が好きで、誕生日やお祝いは蟹が食卓に列びました。そのため、年末の蟹選びは責任が大きく本当に重要なので失敗できません。

ちなみに北海道は本州と違い、大晦日におせちを食べる習慣があるので紅白を見ながらゆっくり蟹を剥く・・・というのが年末恒例の光景です。日本酒や白ワインと合わせて年末に食べる蟹は格別の旨さです。